くらする

"やってみたい"が見つかるオンライン教室の情報サイト

転職活動の始め方-やり方や必要な英語力なども紹介

転職活動を検討しているときに気になるのが転職活動の始め方。

この記事では、転職活動をどう進めていけばよいのかをご紹介します。

 

f:id:k-heki:20200423023653j:plain

 

転職活動の始め方-やり方や必要な英語力なども紹介

転職活動を検討する場合に一番最初に行うことが転職サイトや転職エージェントへの登録。

転職サイトというのは、サイトに登録しておくと企業の求人を見ることができるようになり、気になる求人に自分で応募していくスタイルです。

一方で転職エージェントはエージェントとの面談を通して、転職エージェントが自分と企業をマッチングしてくださり、その企業に応募しながら転職を進めていく形となります。

転職の進め方として、

・転職サイトと転職エージェントの登録

・転職エージェントとの面談

・企業選び

・企業への応募

・面接

・内定

という流れで進めていきます。

 

転職サイトとエージェントの違い

転職をサポートしてくれるサービスとして、「転職サイト」と「転職エージェント」という2つがあります。

転職サイトは求人票が集まる掲示板であり、自分で求人票を見ながら応募する企業を検索したりエントリーしたりできるサービスです。

転職エージェントはコンサルタントとの面談で自分のこれまでの経歴や希望を話すことで、コンサルタントの方が企業と自分をマッチングしてくださり、応募する企業を提案してくださるサービスです。

転職サイトでは、自分の好きな企業に応募することができますし、業界によってはある特定の転職サイトからのみエントリーが可能だったりするので、転職サイトの登録はマストと言っても過言ではありません。

エージェントの利用は、客観的な目も交えて転職がしたいという場合や担当者と相談しながら進めたいという場合にとてもおすすめ。自分が知らなかった業界やこれまであまり興味がなかった仕事などから自分に合っている仕事と出会うことができます。

私自身転職活動をする中で、転職サイトは4つ、エージェントは10個ほど面談してサポートを依頼しました。

ちなみに、色々な違いがある転職サイト、転職エージェントですが、結局どのサイトに登録すればいいのかというと気になったものは全部登録しておくのがおすすめ。どちらのサービスも無料で利用できますし、選択肢を広げる意味合いでも色々登録するといいのですが、とはいえ無数にあるサービスのどれに登録するのかというと、外資系へFの転職希望あれば外資系を得意としているサービスの利用がおすすめです。

 

おすすめ転職サイト

転職サイトは、「マイナビ転職」、「リクナビネクスト」、「エン転職」、「doda」などの、掲示板式のサイトで、ここに登録することで求人を見たり、気になる求人に応募することができたりします。

例えば、大学や学校法人の求人を見たい場合には「マイナビ転職」に登録する必要があったりと、転職サイトごとに得意なジャンルが異なっているため、まずは転職サイトに登録して転職先の雰囲気をつかむことが大切です。

 

転職サイトの登録はdodaがおすすめ

私自身「マイナビ転職」、「リクナビネクスト」、「エン転職」、「doda」に登録していますが、一番おすすめなのはdodaです。

「doda」は、dodaのサイトに登録するだけで、求人情報の確認とエージェントサービスのどちらも受けることができます。

自分の希望に沿った転職先を自分で探すことができる上、エージェントが自分に合っていると思った企業ともコンタクトができるので転職の幅が広がるというのがおすすめな理由。

色々登録はしましたが、現在はdodaしか活用していないので、転職サイトを1つ選ぶとしたらdoda一択。dodaは自己分析ツールも豊富に揃っているのでdodaの登録は必須かなと思います。

 

※dodaのホームページはこちら

転職なら【DODA】求人情報・転職支援会員募集

 

※dodaの詳細説明と口コミこちら

classroom.hatenablog.com

 

おすすめ転職エージェント

転職エージェントは、掲示板方式の求人から自分の興味がある企業に応募する形ではなく、エージェントサイトに登録することで、担当者がつき、担当者が自分のこれまでのキャリアや特性に合わせた求人を提案してくだるシステム。別の呼び方では人材紹介会社と呼ばれます。

エージェントサイトには、「リクルートエージェント」、「マイナビエージェント」、「エンエージェント」などのサービスが代表的。

エージェントが人材を探し、企業に紹介する形となるので、その企業とエージェントの間には強い信頼関係がある場合が多いです。つまり、そのエージェントがおすすめしてくれる企業は、面接を受けにくる候補者に興味を持っている場合が多いので、エージェントの登録は就職活動には必須です。

転職エージェントは数が多く、どのエージェントが良いのかわからないのですが、私が転職活動を行ったときには20社ほどのエージェントと面談を行い、一番良いと感じたのが「en world」というエージェント。

こちらのエージェントは登録必須かなと思うので、是非面談なさってみてください。

 

※en worldのHPはこちら

エンワールド・ジャパン|外資系転職

 

※おすすめエージェントの解説はこちら

classroom.hatenablog.com

 

転職で必要な英語力

転職では英語力は欠かすことのできないポイント。できればTOEIC730点以上の英語力を持っているのが望ましいです。

というのも、3転職では、即戦力を求められており、海外とのやり取りがある仕事に従事する機会も増えたりと、英語を使う環境に身を投じる可能性が高いため、英語力を持っているほうが転職活動では有利。

出世していく中で海外の会議に出席したりと、英語ができるというのが社内でポジションを獲得するためには必須となります。

対お客様ベースで仕事をする範囲内では英語を使う機会は限られますが、社内でのポジションが上がっていくと英語を使う機会も多くなり、英語ができないと出世が頭打ちになるというイメージです。

 

オンラインビジネス英会話

転職を考える際にはできるだけビジネスレベルの英語力をつけておくことがおすすめ。

最近ではビジネス英語を学べるオンライン英会話があるので、そちらで練習するのが良いかなと思います。実際にビジネスの最前線で活躍した経験がある講師と仕事のことや世界のことについてディスカッションしながら語学力を向上させることができます。

働きながら隙間時間で英会話の練習ができ、特にビジネスに特化したシチュエーション会話や定型文などを身につけていくことができるので、将来のキャリア形成にも役立ちます。

転職の準備という面でオンライン英会話は役に立つので、ぜひ無料体験などに挑戦なさってみてください。

 

※おすすめオンラインビジネス英語はこちら

classroom.hatenablog.com

 

迷っている場合はキャリアコンサルタントに相談も

将来のキャリアプランについて迷っているという場合にはキャリアコンサルタントに相談するのも一つの方法かなと思います。

最近ではオンラインでコンサルを依頼できるサービスも充実しているので、気になるという場合は一度無料相談を試してみるのがおすすめです。

尚、キャリアコンサルタントは有料のコンサルティングサービスで、企業の斡旋は行っていません。

 

※キャリアコンサルタントのまとめ記事はこちら

classroom.hatenablog.com

 

終わりに

この記事では、転職する場合の転職活動の始め方についてご紹介しました。

転職では、転職サイトと転職エージェントとの面談から始めるのがおすすめ。

特に転職エージェントとの面談は大切で、エージェントから紹介してもらう企業の中から本命企業を絞っていくという方法で転職活動をすすめるとスムーズです。

私も転職活動を行っていた時は、気になったエージェントとは全員(20社くらい)と面談して、その中から実際にメインとして利用するエージェントを決めて、そのエージェントの担当者の方と一緒に転職を進めていきました。

まずは面談して雰囲気や求人数・求人内容を掴んでいくというのがおすすめな転職活動の始め方ですので、積極的に登録・面談まで進めていくといいかなと思います。

 

※登録・面談の予約はこちらのHPから可能です。

・doda

転職なら【DODA】求人情報・転職支援会員募集

・アサイン

アサイン|20代ハイエンド層の転職エージェント

・en world

エンワールド・ジャパン|外資系転職

・JACリクルートメント

外資系・グローバル企業・ハイクラスの転職ならJAC 

・アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング|コンサルタント転職

・MS-JAPAN

MS-Japan 管理部門特化型エージェント

・リクルートエージェント

好条件の転職を目指すなら リクルートエージェント

・パソナキャリア

転職エージェント【パソナキャリア】

 

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村