くらする

"やってみたい"が見つかるオンライン教室の情報サイト

RaiseTech レイズテック 口コミ, 評判, 料金, 特徴 などのまとめ!

RaiseTechは「最速で稼ぐ」事を目的としたエンジニアリングスクールです。

この記事ではオンラインエンジニアリングスクールのレイズテックの特徴や評判、料金、口コミをご紹介します。

 

 

RaiseTech レイズテック 口コミ, 評判, 料金, 特徴  などのまとめ!

レイズテックは、RaiseTechは「最速で稼ぐ」事を目的としたエンジニアリングスクールです。

現場主義をモットーとするRaise Techは、現役のベテランエンジニアが現場で扱われる技術のみを取り扱うオンライン授業を行うのが魅力。

動画レッスンが主体のオンラインプログラミングスクール業界において、第一線で活躍するエンジニアが対面形式でのオンライン講座を行うというのは非常に特異であり、レイズテックならでは。

現役講師が現場で実際に使われる技術を教授するレイズテックは、

・すでにプログラミング等の基礎知識を有していて更なる高みを目指したい

・実際に活躍しているエンジニアから直接話が聞きたい

・エンジニアとして稼げるようになりたい

・動画ではなく対面レッスンを希望

・技術面だけでなくマーケティングなどユーザーへのアプローチ方法も学びたい。

・卒業後もしっかりとしたサポート体制があるスクールで学びたい

といった場合に特におすすめなオンラインスクールです。

 

レイズテックの特長 

レイズテックの最大の特徴は、第一線で活躍する講師陣から、動画教材ではなく、直接オンラインでレッスンを受けることができる点。

作業を進めながら分からないことは適宜質問できる環境ということで、短期間で技術力を身につけたいという場合におすすめ。

ここからは、

・実際に現場で扱われる技術を習得

・第一線で活躍する講師陣のオンライン講座

・半永久的な5つのサポート

 という3つの特徴があります。

  

実際に現場で扱われる技術を習得

レイズテックでは、最速で稼げるプロになるために、現場で求められるさまざまな技術・知識・考え方まで、リアルタイムの授業で教えて頂くことができます。

Raise Techの受講コースは合計6コース。基本的にどれか1コースを選んで受講するのですが、選択したコース受講料に+5万円支払うだけで、関連のあるコースが2コース追加で受講できる破格のプランも存在するのでお勧めです。

エンジニア系:

Webサービスを前提としたアプリケーションの開発からインフラの構築・自動化まで「フルスタック」なスキル習得を目指します。

・JAVAフルコース

・AWSフルコース

・フロントエンドコース

Web制作系:

ウェブ制作とマーケティングの技術を身につけて、成果を生み出すウェブ制作者、デザイナー、マーケターを目指します。

・WordPress副業コース

・デザインコース

・マーケティングコース

 

第一線で活躍する講師陣のオンライン講座

現場で通用するプロになることを目指すRaise Techでは、最前線で活躍する講師から現場で実際に使われている技術を教えて頂くことが可能です。

講師は全員が現役のエンジニア、デザイナー、マーケター。現場の最前線で活躍する講師が、今求められている技術のみを教える密度の高い講座となっています。

オンラインプログラミングスクールは、動画レッスン主体で、分からないところをエンジニアに訊くというスタイルが一般的なのですが、Raise Techは実際にリアルタイムで技術者の話を聞くことができるオンライン講座形式。

プロのエンジニアから質の高いレッスンを受けることができるのが魅力です。

 

半永久的な5つのサポート

Raise Techは受講中のみならず、卒業後のサポートも充実。1度Raise Techの講義を受講することで、半永久的にレイズテックのスタッフからのサポートを受けることが可能です。

サポートは大きく5つ。

・質疑応答無制限

質疑応答の期間は無期限、一生質問し放題で内容に関しても不問。人生相談・ビジネスの相談でも受付可能。

・補講実施や動画教材の提供

補講、動画教材の提供で常に更新される現場のレベルに対応。新しい知識や技術を定期的にインプットしていくことが可能です。

・個人面談

代表といつでも個人面談可能。エンジニアでありスモールビジネスのプロに直接何でも相談出来る。

・コミュニティへの参加

受講生同士の繋がりを重視したコミュニティで仲間と一緒に学習が可能。学習イベントやセミナーも随時開催。

・就職支援や案件獲得サポート

転職支援、副業での案件獲得も無期限でサポート。結果が出るまでサポート。

 

プロによる実践的な講義も魅力のRaise Techですが、卒業後の手厚いサポートも魅力で、卒業生同士がコミュニケーションをとれる環境が整っているのも特徴です。

 

※各コースの詳しい内容はHPをご参照ください

最速で「稼げる」プロになるエンジニアリングスクール RaiseTech

  

料金体系(税込み)

RaiseTech の料金体系は、コースによって2つの価格体系があります。

・JAVA/AWS/フロントエンド/マーケティングコース

 通常価格:448,000円

 学割価格:288,000円

・WordPress副業/デザインコース

 通常価格:348,000円

 学割価格:248,000円

料金詳細はホームページに記載されていますのでご参照ください。

 

※料金の詳細情報は公式HPで

最速で「稼げる」プロになるエンジニアリングスクール RaiseTech

 

レイズテックの口コミ

最後にレイズテックの口コミをご紹介します。

・講座の内容は現場に出た後のことを見据えらており、非常に実践的だと感じました。
また、講師の方も現役バリバリで活躍されているエンジニアの方なので現場目線でのアドバイスや技術に関する知見の共有などがありとても勉強になります。

・受講期間終了後も質問・相談などを受け付けてくださるので現場に出た今でもコミュニティの存在は安心感を生んでいます。
コミュニティは非常に活発で勉強会などの頻繁に開催されているので、そういった機会を得られるのはとてもありがたいと感じています。

・手取り足取り教えてくれるわけではないので、人によっては厳しく感じるかもしれませんが、自走力が鍛えられますし、実際の現場で必要な考え方が学べますので、本当の意味でとても愛のある優しいサポートだと思います。

・卒業後もSlackを使って質問したり、有益なAWS情報を収集することができます。僕の肌感になりますが、RaiseTech のカリキュラムを修了すると「ググるキーワードを知っていれば、ある程度自走できるフェーズ」になれるかと思います。そのときに、情報感度の高いエンジニアさんたちから新鮮な情報を仕入れることができると、比較的簡単にスキルのアップデートが可能です。この環境は素晴らしいと思いました。

 

※こちらは公式HPの口コミを参照しています。 

最速で「稼げる」プロになるエンジニアリングスクール RaiseTech

 

Twitterの口コミ

Twitterでも多くの口コミがツイートされていました。

 

 

実際にRaise Techで勉強されている方の積み上げツイート。

ツイッターではRaise Techの積み上げツイートが多く、日ごとに新しい内容をツイートされていて、プログラミング学習をどのように進めているのかというプロセスを教えていただけるので、とても参考になります。

 

課題学習が多いのも特徴。

課題があるからこそ達成したときの喜びも大きいということが感じられます。

 

 

エンジニアとして働く中で感じる自分の課題に集中的に取り組めるため、最大限の効果を感じることができたというツイートも多くありました。

スキルアップを図りたい場合に、ピンポイントで技術やノウハウを習得できるのもRaise Techの強いなのかなと思いました。

 

RaiseTechの無料説明会

様々なカリキュラムから自分の目標に適したレッスンを受講していくことができるレイズテックですが、RaiseTech 無料説明会で詳しい説明を聞くことができます。

RaiseTech 無料説明会では、各コースの詳しい解説やどのようなことを学べるのか、Raise Techの全般的な内容を確認することができます。

数多くあるオンラインプログラミング教室からどれ選んだらよいのか迷うと思いますが、イメージをつかむためにもまずはこのRaiseTech 無料説明会に参加してるのがおすすめです。

 

※無料カウンセリングの予約はこちら

 RaiseTech 無料説明会

 

まとめ

この記事では、オンラインプログラミングスクールの「Raise Tech」をご紹介しました。

・現場で扱われる技術を習得できる

・第一線で活躍する講師陣のオンライン講座

・半永久的な5つのサポート

という特徴があるレイズテック。

技術者として新たなステージで活躍したい、これまで培った知識や技術にさらに磨きをかけたいという場合に特におすすめなプログラミングスクールですので、是非一度RaiseTech 無料説明会を受講なさってみてください。

 

※Raise TechのHPはこちら

最速で「稼げる」プロになるエンジニアリングスクール RaiseTech

 

 にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村